HOME >> 家づくりの流れ >> 資金計画 >> 住まいのQ&A >> 用語集 >> 大工道具

大工道具


棟梁の大工道具=必須アイテム


~ 大工棟梁が近年まで使用していた道具です ~

基本は機械等のプレカット加工や金物工法でも、昔ながらの大工道具は必要であり、仕事の精度を上げる為には手入れも重要です。また、大工職人の使い勝手や体力によって長さや重さも工夫されています。
機械加工が発達していますが、生き物である木材の加工は、特性や癖を知り抜く大工棟梁の技量が大切です。
大工棟梁とは、裏尺で墨付けができ、加工図を作図し木材質を理解できる人を指します。大工職人の本質的な技量は、棟上げまでの墨付けや構造加工の精度により図ることができました。今は機械の加工精度が上がり、木材も集成材や乾燥材によって、大工技術も少なからず変貌をとげています。

木材の加工は機械に頼る時代になっていますが、
棟梁としての基本的な技が身についていなければよい仕事はできません。

墨坪、墨差し
墨坪・墨差し 大工棟梁にとって、木材の加工の精度を決める重要な道具です。大工棟梁とは墨付けができる人であり、大工技量の集大成とも言えます。 

差金(曲尺)
差金(曲尺) 差金も大工棟梁の必要不可欠な道具であり、勾配や関数計算も裏尺で行います。
裏尺を使用して墨付けができないと、棟梁とは呼べません。

げんのう、かなづち
げんのう・かなづち 釘を打ったり、のみを叩いたりする大工道具です。大工職人の個性により、長さや重さが違います。

砥石
砥石 砥石は大工道具の刃物を研ぐもので、大工の技量として研ぐという行為は、基本的な技術になります。

昭和40年以前のみずもり管
みずもり管 水平を決める道具、水平を水とも呼び、レベルという機械が出現するまで基本的な道具でした。今現在は使用していません。

水平器
水平器 短い場所で、また簡易的に水平・垂直を確かめます。この道具も水もりに頼っています。

かんな
かんな 最近は電動工具の出現により使用頻度は減っていますが、技量の優れた大工職人がかんながけをした木材はつやが違います!

のみ
のみ 機械加工が主流の現代では使用頻度が減っていますが、機械に頼らない当社の加工では必要不可欠な道具です。

下げ振り 
下げ振り 柱などが垂直かどうかを調べるための道具で、糸の端に真鍮(しんちゅう)の逆円錐形のおもりをつるしたものです。

直角二面かんな
直角二面かんな 柱や梁材の直角を決めるかんなです。

一面自動かんな
一面自動かんな 荒削りや中仕上に使用します。

30年以上使った超仕上げかんな
超仕上げかんな 材の仕上げに使うかんなです。
大きな材のかんな削りに重宝します。

今は機械加工などが発達して 大工加工も簡便になっています。
しかし すべてが簡便な手法ばかりでは 本当の技術的なものは残りません。
技術は大切な時代の財産です。

⇒ HOME
このページのトップへ