HOME >> 家づくりの流れ

家づくりの流れ


自社建築スケジュール


  ★ 家づくりは 大体何から始めたらいいの? 着手してから完成するまでどれくらいかかるの?
     トータル住建の基本的な流れです。 参考にしてみてください♪

家づくりの基本的な流れ

  ★ お引渡し後は、定期点検が始まります。
    1ケ月点検・6ケ月点検・1年点検・2年点検・5年点検・10年点検。
    お引渡し後も誠心誠意、お付き合いをさせていただきます。

工事の流れ


  ★ では、実際の工事はどのように進むのか、ご紹介します。
    地鎮祭をしてから着工するケースが多いですが、ご近所へのご挨拶もお忘れなく。
    基礎工事に始まり、上棟式、屋根工事、造作工事と進んでいきます。
    工事中も現場を訪れて、家の構造や工事の進捗を確かめましょう♪

柱状改良 < 柱状改良 >
地盤調査によって柱状改良が必要となりました。場所や土壌により調査結果は大きく異なります。
長期保証を受けるには地盤調査からJIOの指導を受ける必要があります。
↓
ベタ基礎配筋 < ベタ基礎配筋 >
柱状改良の終了後、基礎の施工をします。弊社は最低ベタ基礎を基本としています。
地盤改良の内容は土壌によって異なるため弊社では別途工事にさせていただいております。
↓
設備配管 < ベタ基礎の上に設備配管 >
ベタ基礎の施工が完了後、上棟までに設備の床下配管をおこないます。
↓
上棟 < 上棟(棟上げ)1 >
外断熱・内断熱工法の別なく上棟までの基本構造は木造軸組工法を基本とした木組みになります。内断熱と外断熱の違いは外壁内に断熱材を入れるか、外壁より外に断熱材を入れるかの違いです。それだけではないのですが、いずれの工法にも長所、短所があります。詳しくはご相談下さい。
↓
上棟 < 上棟(棟上げ)2 >
弊社、大工棟梁施工スピードでは、屋根断熱を葺くまでの状態は当日仕上げます。そうすれば雨にあまり影響されないですみます。
大工棟梁の配慮です。ただし、家の大きさや規模によって若干異なる場合もあります。
↓
JIO検査中 < 耐震金物と耐力壁1 >
弊社のこだわりは高耐久な構造の家です。高気密・高断熱では家が暴れる(ゆれ等で動く)ことはすきま風等を進入させる要因となり、住宅性能を低下させてしまうことになります。施工精度による構造の耐久性は必要不可欠です。第三者機関JIOの検査を受けている様子です。
↓
耐震金物 < 耐震金物と耐力壁2 >
耐震金物は国土交通省認定品を使用しています。阪神大震災では柱の引き抜きにより住宅が倒壊しましたが、それを防ぐホールダウン金物は大事な部位になります。配置については構造計算にて算出された場所に必要耐力の金物を配置します。弊社の構造は壁量と筋交い(斜め材)の組合せになります。
↓
サッシ取付 < 窓や換気設備など必要なものを施工取付 >
構造見学会は見えなくなる部分をご確認いただき、完成見学会の時に仕上げの中を想像していただければ、また、違った納得があると思います。
↓
内部仕上 < 室内の完成 >
何が想像されるでしょうか。見えなくなった部位を確認しておくことにより、安心が見えてくると思います。
↓
完成 < 完成(竣工) >
視覚でとらえた完成見学会と構造見学会時の写真を比較することは視覚や感性だけてなく、理論や工法の確認という安心感が生まれます。
安全、安心な家は、建て主様の確認作業によってえられます。
↓
< 竣工検査 → お引渡し >
いよいよ完成すると、設計通りに出来上がっているかをチェックする竣工検査が行われます。問題がなければ、いよいよお引き渡し。新居へ引越して、新生活が始まります。 

⇒ 資金計画
このページのトップへ